SGレーダーT3設計図のための6-1ノーマル周回

SGレーダーT3設計図がほしくて、1月1日より6-1ハード周回をしているのですが、ハードとノーマルのドロップ率に違いがあるのかを調査したくて周回してました。

周回する艦隊

N駆逐艦とかN空母とかで低燃費周回できると思うのですが、面倒くさいのでもうちょっと高難易度の海域周回と構成が同じです。

第一艦隊

艦種 艦名 レアリティ 消費燃料
空母 赤城 SSR 13
軽巡洋艦 フェニックス R 9
(艦隊合計) 22

5-1なんでね。流石に過剰だし、ド安定です。雑魚戦は4戦あるので、ボスに近い艦隊でボスをやるみたいな感じ。

第二艦隊

艦種 艦名 レアリティ 消費燃料
巡洋戦艦 フッド SSR 15
駆逐艦 綾波改 SSR 9
(艦隊合計) 24

中枢艦隊撃破用。というかいらないですね、第二艦隊は。実際、ほぼ使ってないです。

周回のまとめ

中枢艦隊の結果だけ、かつ、完全勝利のドロップだけ記録していく。

累計周回回数 SGレーダーT3設計図
32 3

以下は毎回のドロップ

累計周数 ドロップ艦 設計図
1 ビーグル 毘式40mm連装 2
2 サッチャー SGレーダーT2 2
3 ブルドッグ 毘式40mm連装 2
4 フート SGレーダーT3 1
5 ペンサコーラ 毘式40mm連装 1
6 ケルン なし
7 ボーグ SGレーダーT2 2
8 カールスルーエ 毘式40mm連装 2
9 オーリック SGレーダーT2 2
10 ボーグ なし
11 スペンス 毘式40mm連装 2
12 フォーチュン SGレーダーT2 1
13 ビーグル 406mm連装砲 2
14 フォーチュン 毘式40mm連装 2
15 カールスルーエ なし
16 ネバダ なし
17 ハーミーズ なし
18 ケルン なし
19 フート SGレーダーT2 1
20 カールスルーエ なし
21 ペンサコーラ 406mm連装砲 2
22 ラングレー 406mm連装砲 1
23 シュロップシャー なし
24 カールスルーエ 100mm二連装 1
25 ブルドッグ なし
26 ヴェスタル 毘式40mm連装 1
27 ボーグ 406mm連装砲 1
28 ブルドッグ SGレーダーT3 2
29 スペンス なし
30 ビーグル 毘式40mm連装 1
31 ネバダ なし
32 ネバダ なし

意外と出ますね。。。これハードで周回しなくてもよかったのか。。。?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*