ベルファスト砲(155mm三連装T3)がほしすぎて6-2ハード周回する

最近スーパー忙しくて、朝ごはんを食べながらのハード周回しかできていないけれど、でも、ハード周回は頑張ってやってる。

周回する艦隊

ノーマル6-2とそれほど編成を変える必要もないかなという感じ。周回を開始した現在では、演習で上位に行く用にロイヤル艦隊を鍛えている(厳密には、親密度を上げている)状態なので、下記の構成にしている。

第一艦隊

艦種 艦名 レアリティ 消費燃料
戦艦 ウォースパイト SSR 15
軽巡洋艦 クリーブランド SR 10
駆逐艦 フォーチュン改 SR 8
(艦隊合計) 33

正直、海域周回用にウォースパイトは向いてないと思うけど、まぁ親密度上げないとだからね、仕方ないね。雑魚6連戦目が突破できないくらいの強さ。必要なのは4連戦なので、全然問題ないですね。SGレーダーT2をフォーチュン改が装備していて、「見ゆ」回避率は88%。

第二艦隊

艦種 艦名 レアリティ 消費燃料
巡洋戦艦 フッド SSR 15
駆逐艦 シグニット改 SSR 7
軽巡洋艦 ベルファスト SSR 11
(艦隊合計) 34

ベルファスト使いたいがためにこの編成に。ボス戦用。ボス戦においてはド安定で負けることはないものの、それなりに痛む(前衛が両方共HP半分近く削られることもしばしば)ので、雑魚戦とか待ち伏せで消耗はしたくないですね。SGレーダーT3をベルファストが装備していて、見ゆ回避率は92%。

周回のまとめ

中枢艦隊の結果だけ、かつ、完全勝利のドロップだけ記録していく。

累計周回回数 155mm三連装砲T3設計図 巡洋艦改造図T3
39 2 2
1 ハーミーズ なし T1
2 ペンサコーラ 406mm三連装 1 T1
3 ラングレー なし T1
4 ケーニヒスベルク なし T1
5 オーリック 155mm三連装T3 1 T2
6 白露 ジャイロスコープ 1 T1
7 オクラホマ 381mm連装 1 T1
8 ハーミーズ なし T1
9 オーリック なし T1
10 ネバダ 381mm連装 2 T1
11 ケーニヒスベルク なし T1
12 スペンス 406mm三連装 2 T1
13 カールスルーエ 406mm三連装 2 T2
14 ブルドッグ 155mm三連装T2 1 T1
15 カールスルーエ 381mm連装 1 T1
16 ケーニヒスベルク 155mm三連装T3 1 T2
17 扶桑 406mm三連装 1 T1
18 オーリック ジャイロスコープ 2 T3
19 ブルドッグ 381mm連装 2 T1
20 カールスルーエ なし T1
21 スペンス 381mm連装 2 T1
22 ケルン なし T1
23 扶桑 なし T3
24 オクラホマ なし T1
25 ブルドッグ 381mm連装 2 T1
26 ボーグ 155mm三連装T2 1 T1
27 オーリック なし T1
28 カールスルーエ 155mm三連装T2 2 T1
29 ラングレー なし T1
30 フート なし T1
31 フート ジャイロスコープ 1 T1
32 ペンサコーラ ジャイロスコープ 1 T1
33 ラングレー 381mm連装 1 T1
34 ケーニヒスベルク 155mm三連装T2 1 T2
35 ビーグル 406mm三連装 1 T2
36 カールスルーエ 406mm三連装 2 T1
37 ビーグル 406mm三連装 2 T1
38 レンジャー なし T1
39 ケルン 381mm連装 1 T1

以下は毎回のドロップ

ノーマルで盛大に爆死中、というか沼にハマっているので、やっぱハードじゃないと駄目だなと再度思いつつある。

siroaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です