コンテンツへスキップ

SGレーダーT3設計図がほしくて、1月1日より6-1ハード周回をしているのですが、ハードとノーマルのドロップ率に違いがあるのかを調査したくて周回してました。

... "SGレーダーT3設計図のための6-1ノーマル周回" を続けて読む

ノーマル海域とハード海域でドロップ率が異なるのかは個人的に積年の疑問だった。アズールレーンにおいては艦隊が揃ってきて、強化も進んでくると、いかに強い装備を纏えるかで勝負が決まってくる感がある。で、問題なのが強い装備の入手方法。装備箱を確保して確率で手に入れるのでは狙った装備が手に入りにくいので、海域を周回して設計図を集めるのが基本になる。このとき、ハード海域とノーマル海域で設計図のドロップ率が違うのであれば、本当にほしい装備の設計図はハード海域を回ることで入手したほうがよい、となる。

ネットを探してもハードとノーマルの違いは言及されていなくて、ということは違いがないのかなと思っていたのだけれど、実際どうなのか調べてみた。

... "アズールレーンのノーマル海域とハード海域における設計図ドロップ率に違いはあるのか" を続けて読む

アズールレーンにおいて、個々の艦の能力を示す数値として総合力という数値がある。艦を取得したタイミングでは数百くらいなものだが、レベルを上げたり、限界突破したり、装備をいいものにつけていくと数値が向上していく。序盤、艦が育っていないときは、この総合力という数値が結構目安になると思っていて、皆が周回する3-4においては、主力、前衛共に4000くらい超えればボス艦隊を撃破できるかなという感じ。

ただ、艦が育ってきた今、総合力って意外と当てにできないと感じてきたので、ちょっと画像も上げながら書いてみる

... "アズールレーンにおける総合力はあんま参考にならない" を続けて読む

8-1の周回において狙うのは127mm連装両用砲T3設計図ですね。これは5-1でも入手できるので、知らない間に9個くらい設計図を持ってました。ベルファスト砲の方が欲しいから6-2周回が終わってからと思ってたんですけど、マジで落ちないので、あと6個で武器を作れる127mm連装両用砲T3を先に片付けちゃうことにします。

... "127mm連装両用砲T3設計図のための8-1ノーマル周回【1月13日更新】" を続けて読む